ラピッド社について

「安全な作業環境を提供する」スペシャリスト企業、イザベルグ・ラピッド社

非常に高い品質基準を設け、ユーザーの求める様々なニーズにお応えするために企画段階から完成品に至るまで全ての製品はその機能の一つ一つを厳格にテストされます。 皆様に認められるスペシャリストであるために、緻密なリサーチと他企業との事業提携を行い、 高度な生産技術の確立そして流通機構やサービスセンターのグローバルな展開を行っています。

イザベルグ・ラピッド社の歴史

ラピッド社

1936年スウェーデンのヘストラで創業者オーレンウェスルンドが小さなワークショップを開いたのがはじまりです。
第二次世界大戦中マップフォルダーを製造し、それをドイツ製のプライヤータイプのステープラーで綴じられていました。1942 年戦争により輸入が止まり、その5 ヶ月後、創業の地ヘストラで最初のプライヤー式ステープラーRapid1が誕生しました。イザベルグ・ラピッド社の新しい歩みがそのときから始まりました。
その後ヨーロッパはもちろんのこと世界140ヶ国でイザベルグ・ラピッド社の製品が使われるようになりました。しかし今でも生産と厳しい品質管理はヘストラで行われています。
誰がどのように製品を使うか、またどのような製品が求められているか、そのような求めに応じてイザベルグ・ラピッド社は最新の製品開発技術を駆使しています。ラピッド製品はあらゆる分野のステープリング作業の高度な要求に対応しております。
さらに大切にしていることは、商品開発において、ラピッド製品はユーザーにとっての快適さと完璧な機能を追求しています。またそれに満足することなく、常にユーザーのさまざまな要求に応えようと日々努力を惜しみません。

製品開発

ラピッド社

様々な種類のニーズにお応えするためには、絶え間ない新製品開発と既存モデルの改善が不可欠です。そして、私たちは常に私たち自身に問いかけていることがあります。誰が使うのか、どんな目的を満たすために使うのか、そしてどうやって使うのかなどと思考します。
イザベルグ・ラピッド社の心臓部であり、おそらく最も重要な部署であるのがリサーチ部門(研究開発部門)です。技術者や専門家がクリエイティブな環境の中で研究作業を随時行っています。
最先端のCADシステム環境の下、アイデアへの強力な集中力の中から、ドローイングボード上でラピッド社の新製品が一歩一歩成長してゆきます。

品質管理

パンチングやベンディング工具の製造に関する研修会を設け、製造行程全体を管理しています。このことによってコストを抑え、高品質かつ価格競争力のある製品を製造することができるのです。
さらに総ての製品は品質管理を全うするために厳しい製品テストや評価・査定を実施しています。1996年以来ISO 9001の認定を取得しました。ゼロックス社から唯一認定されたステープラー・サプライヤーです。これは高品質なラピッド社製品の信頼と実践の証しでもあります。

環境への配慮

環境への配慮

イザベルグ・ラピッド社は、ハンティングやアウトドアライフで親しまれる美しい自然を持つ地域にあります。そのため環境に適したハイテクノロジーな製造工程を当然のことながら備えています。そして現在、環境管理システムであるISO 14000シリーズの認定を取得しました。
私たちは世界でも最新技術の密閉した容器に溶剤を使わずにパウダーコーティングする技術により、塗装表面を均一にすることができます。また水やフィルターから金属廃棄物を除去し、製造工程は初めから終わりまでスタティスティカル・プロセスコントロール「SPC」によって継続的にチェックされ、高品質の製品を作ることが出来るのです。